数码兽数据库

DIGIMON DICTIONARY数码兽图鉴

阿尔达兽 アルダモン Aldamon

阿尔达兽,阿鲁达兽,火龙兽,对偶神兽

基本资料

等级混合体 [1]
类型魔人型
属性可变
所属
适应领域VB、NSo、DR
首次登场2002年8月 数码怪兽卡片游戏 Bo-800
名字来源梵语【Ardhanarishvara】阿尔达纳里什瓦拉 [2]

必杀技&得意技

梵天热弹Brahmastra [3]ブラフマストラ
梵天炎爆Brahmashira [4]ブラフマシル

设定资料

继承传说中十斗士的全部力量,得到未知能力而拥有超越传说的火之能力的数码兽。常用粗暴的行为制服敌人,而其名的由来是印度神话中神的融合形态,由于兼具兽的野性和人的才智,所以是把愤怒和恐怖变成正义力量的战斗魔神。在战斗方面,施展溶化一切烧尽一切的超广范围攻击。那景象仿佛是现代核武器威胁的破坏力。必杀技是提高「数码核」的神圣火焰到极限,自己制造出太阳般高温、高密度中心核的大爆炸「梵天炎爆」,以及双臂的超兵器「楼陀罗宝镜」[5]放出的超高热弹的高速连射「梵天热弹」。另外,楼陀罗宝镜也可以用于格斗战,也擅于接近战。

伝説の十闘士の力の全てを受け継ぎ、未知の能力を得ることで伝説を超えた火の能力を持つデジモン。乱暴な素行から敵をつくることが多いが、その名はインド神話における神の融合形態に由来しており、獣の野性と人の知性を併せ持つことで、怒りや恐怖を正義の力に変えて戦う魔神である。戦闘においては、全てを溶かし全てを焼き尽す超広範囲な攻撃を繰り出す。その様相はあたかも現代核兵器の脅威を彷彿とさせる破壊力である。必殺技は「デジコア(電脳核)」の聖なる炎を極限まで高め、太陽の高温・高密度の中心核を自らつくりだして大爆発させる『ブラフマシル』と、両腕の超兵器“ルードリー・タルパナ”から放つ超高熱弾の高速連射『ブラフマストラ』。また、ルードリー・タルパナは格闘戦に用いて戦うことも可能であり、接近戦も得意とする。

注释 References

  1. 在卡片Bo-129t中显示为「究极体级」。
  2. Ardhanarishvara,阿尔达纳里什瓦拉。半女之主湿婆,印度教兼具男性和女性特征的神,据说是三大主神之一的湿婆(Shiva)与其妻帕尔瓦蒂(Parvati)的融合。
  3. Brahmastra,梵天法宝。印度教的创造之神梵天(Brahma)所创造的武器,由《摩诃婆罗多》《罗摩衍那》等印度史诗中诸多英雄所掌握的技艺法宝,通过口诀催动的飞行道具。
  4. Brahmashirsha astra,梵颅法宝。印度创造神梵天所创造的武器,意喻梵天的四个头颅,具备四个Brahmastra的威力,在《摩诃婆罗多》马嘶与阿周那的大战中被使用。
  5. Rudriya Darpana,楼陀罗宝镜。意为「可怕的镜子」,20世纪初梵文中的超兵器。

相关链接:官网图鉴维基兽
本页最后更新时间:2019年2月15日 9:50

PageTop Menu