数码兽数据库

DIGIMON DICTIONARY数码兽图鉴

黄龙兽 ファンロンモン Huanglongmon

基本资料

等级究极体
类型神兽型
属性NO DATA [1]
所属
适应领域ME、NSp、NSo、VB、WG
首次登场2002年12月 数码扫描器3.0
名字来源汉语【黃龍】[2]

必杀技&得意技

太极Taikyoku太極
黄回Oukai黄廻

设定资料

统治着守护数码世界东西南北的四圣兽,镇座中央掌管「大地(世界)」的皇帝数码兽。由于在遥远的古代降临的一只天使数码兽而被封印于地下最深处的黑暗之中。因此失去统治的四圣兽开始争夺霸权,如今才保持着这样的均衡。其存在亦善亦恶,被称为光与暗的「太极」。拥有8只眼和身体外的12个「数码核」,其巨大身体被以绝对硬度著称的特殊矿石「黄龙矿」之鳞所覆盖,想对他造成一点伤害都是不可能的。必杀技是持续将数码世界的万物永远分解为光暗两极,不久便化为乌有的「太极」,以及掀起自然灾害规模的巨大砂土流台风的「黄回」。

■黄龙矿
作为「时之数码合金」基础的矿石,以绝对硬度著称的假想矿石。实际上只有黄龙矿能对黄龙矿造成伤害,与其他矿石和金属根本无从比较,想推测其硬度是不可能的。这种超硬度带来的负面比重极端的高,不适合做武器或是防具。相当稀少,只有在地下深处才能发现。另外,据说要让黄龙矿与生物一体化,需要从神话时代起经过漫长的岁月,现在与这种超硬度矿石一体化的数码兽,目前被发现的只有「黄龙兽」。而时之数码合金则消除了这些缺点,可以说是优秀而稀有的金属。

デジタルワールドの東西南北を守護する“四聖獣”を統べ、中央に鎮座し“大地(世界)”を司る皇帝デジモン。遥か古代に降臨した1体の天使デジモンより地中のもっとも深く暗いところに封印されていた。このため統治を失った四聖獣による覇権争いが起こったが、現在ではその均衡が保たれている。その存在は善にして悪でもあり、光と闇の“太極”と呼ばれている。8つの目と体の外に12個の「デジコア(電脳核)」を持ち、その巨大な体は絶対硬度を誇る特殊な鉱石「ファンロン鉱」の鱗で覆われ、傷一つ付ける事すら不可能である。必殺技はデジタルワールドの万物を光と闇の二極に永遠に分解し続け、やがて無きものとする『太極(たいきょく)』と、自然災害規模の巨大な土砂流の台風を巻き起こす『黄廻(おうかい)』。

■ファンロン鉱
「クロンデジゾイトメタル」の基礎となった鉱石で、絶対硬度を誇る仮想鉱石。実際にはファンロン鉱はファンロン鉱でしか傷をつけることが出来ず、他の鉱石やメタルと比べる術が無い為、硬度を測定することは不可能である。この超硬度をもつ反面比重が極端に高く、武器や防具などには適していない。希少性も高く、地中深くにしか発見されない。また、ファンロン鉱と生物とが一体化するには、神話の時代よりはるか遠い年月を要すると言われ、現在この超硬度鉱石と一体化したデジモンは「ファンロンモン」以外発見されていない。クロンデジゾイトメタルはこれらの欠点を解消しており、優れた希少メタルであると言える。

注释 References

  1. 在数码怪兽卡片游戏Bo-928、Bo-1000、Dα-600等中属性为「数据」。
  2. 黄龙是古代汉族传说中的神兽。四灵(青龙、白虎、朱雀、玄武)之外的一种动物,是古代皇权的象征。

相关链接:官网图鉴维基兽
本页最后更新时间:2016年8月7日 17:57

PageTop Menu